普通話を勉強するなら北京?

 「正しい標準語を勉強したいので、北京に留学する。」

 これ、よく聞く話です。
 はてさて、
 本当にそうなのでしょうか?



 中国の標準語は「普通話」と呼ばれます。
 これは1950年代に作られたものです。
 中国全土で共通とされる言葉を作ったわけで、
 いわば、人工言語です。



 この際、

 「発音は北京語を標準とする」
 と定められました。


 このため、

 「普通話の発音=北京語の発音」
 と理解する人が少なくありません。



 ですが、これは正しい解釈ではありません。

 実は標準とされたのは
 「北京官話」という政府役人が使う発音体系であって、
 一般の北京庶民が使う「北京語」ではないのです。




 北京語(正しくは、北京訛りの普通話)は
 巻き舌が強く、er化が顕著なのが特徴です。

 例えば、
 「今日」の意味の「今天(jintian)」は、
 北京語では「ジル」と発音します。

 「今天、明天、昨天」を連続すると、
 「ジル、ミル、ゾル」となります。笑



 本当に標準的な普通話が使われているのは、
 黒龍江省、吉林省の都市部のみと言われています。

 大連など遼寧省でも何らかの訛りがあります。




 いずれにしても、

 「キレイな普通話を学びたいから北京」

 というのは、
 ありえない選択方法です。



 もちろん、
 だからといって北京がダメ、という話ではありません。

 中国でもっとも大学が集中し、選択肢の幅が広い。
 交通の便が良い。
 発達した都市なので、日本人にも暮らしやすい、などなど。
 北京の良い点は多々あります。



------------------------------------------------------------
  1)北京の普通話も訛ってる

  2)標準語=北京語は間違い
------------------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************




四川師範大学(四川省成都市)

 大学紹介、第2回は
 四川省成都市にある「四川師範大学」です!


 ◆四川盆地の西に位置する成都市は
 中心部の人口が600万人、
 市域全体では1,000万人を超える大都市です。

 三国志の時代には蜀の都が置かれていたことで有名。
 緑豊かで、個人的に大好きな街の一つです。

 日本の伊勢丹やイトーヨーカドーもあるんですよ。



 ◆四川師範大学は
 中心部からバスで30分程、
 東南の郊外にあります。

 この大学はキャンパスが緑に包まれ、
 非常にキレイです。



 ◆この大学の最大の特徴
 それは・・・

   ●毎日マンツーマンレッスンがある!

 これ、中国でこの大学だけです!!



 ◆授業は毎日4コマ
 このうちの1コマが
 マンツーマンレッスンなんです。

 ですから、
 月曜から金曜まで、
 毎日1コマのマンツーマンレッスン



 ◆マンツーマンの相手は
 現役の中国語の先生のほか、
 大学院生などもいます。

 うれしいのは、
 相手をある程度リクエストできること。



 ◆マンツーマンの内容は人それぞれ。
 ただひたすら会話をしたり、
 授業で分からなかったところを教えてもらったり、
 発音矯正なんかもOKですよね。

 毎日1コマの家庭教師
 工夫次第でいろいろと活用できます♪



 ◆四川と聞くと昨年の地震
 心配される方が多いです。

 ところで、
 四川省ってどれくらいの広さかご存知ですか?
 実は日本の本州よりも広いんです!

 ですから、
 四川で地震が起こったからといって
 四川省全てが倒壊したわけではありません。


 去年の地震でも
 成都市ではビルの倒壊などは
 一切起こっていません。

 むしろ、
 震源地救援のベースキャンプとなったのが
 成都だったんです。



 ◆四川=地震で危ない
 そんな間違ったイメージのため、
 四川の大学はどこも留学生が激減しています。

 で、
 1クラス人数も激減。

 昨年秋学期
 四川師範に留学した「中国留学情報」のお客様は
 1クラス3人の少人数クラスで
 ラッキーニンマリ

 むしろ今が狙い目ですよ。



 詳しくはこちらから♪
   ●四川師範大学の留学情報
   http://liuxue998.com/12903%20sihan%20.html



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************



昆明理工大学(雲南省昆明市)

 大学紹介、記念すべき第1回は
 雲南省昆明市にある「昆明理工大学」です!


 ◆雲南省というと、少数民族や世界遺産
 そんなイメージが強くないですか?

 昆明市は雲南省の省都
 人口600万の大都市です。
 街中で少数民族を感じることなんてほとんどなし。
 ギャップが大きくてビックリするかも?


 ◆昆明は1年を通じて気候が穏やかなことで有名で、
 中国では「春都」と呼ばれます。

 そのため、一般家庭にはエアコンがありません。
 暖房設備もなし。

 それくらい過しやすいということなんですが・・・
 やっぱり真冬は寒い日もあるんですよね。
 その数日はけっこうキツイらしいです。笑



 ◆昆明理工大学は昆明市内北部に位置する大学。
 「理工大学」と名乗ってはいますが、
 文系学部もある総合大学です。

 09年秋学期は語言生90人に対して日本人は2人。
 日本ではまったく無名の大学です。


 この大学の最大の特徴
 それは・・・


   ●中国人学生と同じ寮で生活できる!


 中国人学生の4人部屋に住むことができます。
 他の3人は中国人学生!

 毎日、強制的に中国語のシャワーですから、
 語学力、特に口語力アップには絶好の環境です。




 ◆中国人学生寮なので寮費も安い。
 なんと、
   ●1学期700元!

 ついでに学費も安いです。
   ●1学期5,300元!!




 ◆ただ、中国人学生寮というのは、
 上がベッド、下が机という机ベッド?が4つ並び、
 ベランダにトイレ、シャワーは外の共同浴場などなど。

 日本人には正直なところキツイ環境です。

 得られるものも大きいけれど、
 ハードルもかなり高い。


 覚悟を決めて挑戦してみますか?


 中国人学生寮がキツイという方には、
 学外にアパートを借りるという方法もあります。



 詳しくはこちらから♪(大学の様子を写したビデオもあります!)
   ●昆明理工大学の留学情報
   http://liuxue998.com/13002%20rikou%20.html




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





節約術の基本

 さて、今回は節約術の基本についてです。
 基本的な考え方、態度、姿勢などをお話します。


 まず一つ目

  ●自分でできることは自分でする

 留学を検討してから現地に到着するまで、
 様々な出費項目があります。

 自分でできることはないだろうか?

 常にこの視点が必要です。



 二つ目

  ●あらゆる出費項目を疑ってみる

 なにせ初めてのことですから。
 よく分からなくて、さらに不安で。

 ついついよく考えずに払ってしまう。

 本当にこれって、お財布を開く必要があるの?
 払わなくても良いんじゃないの?

 この意識を持ち続けてください。



 そして、一番大切な三つ目

  ●論理的に冷静に考える

 例を挙げましょう。

 中国への渡航
 中華系の航空会社はなんとなく不安。
 やっぱり日系にしておこうか・・・
 こういう方が未だにいらっしゃいます。

 けど、この心配って、
 客観的根拠を欠いた、非論理的な思考なんです。


 まず、そもそも、
 飛行機なんてめったに落ちるものではありません。
 (統計を調べてみればすぐに分かります。)


 ◆機内食が日系の方が美味しい

 そんなことのために数万円も余計に払いますか?
 所詮は機内食でしょ?


 ◆日系の方がCAの対応が良い

 確かに私もそう思います。
 けど、
 機内でCAと接する機会って何回あります?

 ○搭乗するとき
 ○ドリンクをもらうとき
 ○機内食が配られるとき
 ○降りるとき

 だいたいこれくらいでしょ。
 10回も20回も接する機会があったら、
 それはストーカーですよ。笑

 たかが4・5回のために
 数万円も余計に払う価値があるのか?



 もう一つ例を。



 ビザ申請
 代行業者に頼めば、安くて6,000円です。(返送料込み)
 自分で大使館に行けば3,000円です。


 むむむ!
 自分で行った方が
 3,000円安い!


 で、
 自分で行こうとする。


 冷静に考える必要アリです。


 大使館には申請と受取りで
 2回行く必要があります。

 ってことは…

 片道の交通費が750円を超えるならば、
 代行業者に頼んだほうが安くつきますよね。



 お金って、感情で守るものではありません。
 理性と論理で守るんです。




-----------------------------------------------
  1)自分でできることは自分でする

  2)あらゆる出費項目を疑ってみる

  3)論理的に冷静に考える
-----------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************




留学っていくらかかるの?


 あなたのお金を体を張って守る、「中国留学節約術」。
 第1回ということで、
 まずは

 そもそも中国留学にいくらくらいのお金がかかるのか。
 そこから考えてみましょう。


 地方と大都市、
 もちろん、費用に差が出てくるのですが、
 それはまた後日。

 今回は大雑把な一般論です。
 平均的な都市に、1年間語学留学したとしましょう。



 まず、中国で払う費用から。


 ●学費
 平均的なところで、14,000元です。


 ●寮費
 1人部屋に住んだとして、1日60元です。
 1年留学の場合は実質11ヶ月滞在。
 60元×30日×11ヶ月=19,800元


 ●申込料
 入学手続き料みたいなものです。
 相場は400元


 ●教材費
 1年で400元前後です。


 ●食費
 これは人によってかなり差が出ます。
 つつましく1日20元で済ませたとして、
 20元×30日×11ヶ月=6,600元


 ●雑費
 携帯代とか交際費とか、
 これも人によって違いますよね。
 仮に1ヶ月500元と考えてみましょう。
 500元×11ヶ月=5,500元


 ★以上を合計すると、46,700元
 日本円からの両替レートを1元=16円とすると、
 46,700元=747,200円



 次に、日本で使う費用です。


 ●健康診断料
 1年留学の場合、ビザ申請で健康診断が必要です。
 病院によって変わりますが、25,000円くらいです。


 ●ビザ取得費
 申請料だけだと3,000円です。
 ただ、大使館まで申請と受取りで2往復しますし、
 大使館が遠くて、代行業者を利用する方もいるはず。
 ザックリ10,000円としておきましょう。


 ●渡航費
 これは地域によってかなり変わってきます。
 1年オープンのチケットを買ったとして、
 70,000円としておきましょう。


 ●海外保険
 これはコツがあるのですが。それは後日。
 平均的なところで70,000円で考えてみます。


 ★以上合計で、175,000円



 日中双方で使う金額を単純合計すると、
   ●922,200円



 これ以外にも、ちょこちょこお金は出ていきます。
 想定外の予期せぬ出費があるんです。



 例えば・・・

 ▲出発前に送別会のはしご
 ▲いらない荷物を実家に送る
 ▲中国で夏休みに旅行

 などなど。
 考えてもいなかった出費がちょこちょこ出てきます。



 ということで、
 ザックリ切りの良いところで、

   ●中国1年語学留学=100万円

 と考えてください。



 さて、この100万円をいかに少なく済ませるか。
 これがこの連載のテーマです。


 特に社会人の場合、
 留学終了翌月から
 うまい具合に仕事が見つかる保証はありません。

 帰国からしばらくの間、
 無職になる可能性は十分あります。


 だからこそ、
 切り詰められるところは切り詰める。

 しかも、

 留学の成果をレベルダウンさせることなく。




--------------------------------------------------
  1)費用は1年でザックリ100万円

  2)帰国後すぐに仕事が見つかるとは限らない

  3)節約!だけど、留学の成果は落とさない
--------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************



中国留学体験談の功罪

 中国留学経験者の体験談。
 読んだことがある方も多いと思います。

 今回は、
 この体験談について考えてみましょう。



 中国のある大学について、
 こんな体験談を掲載しているサイトがありました。

 「文法の先生は良かった。
  聴力の先生はダメだった。」

 みなさんは
 この大学をどう判断しますか?



 文法を伸ばしたい人は
 この大学を選ぶかもしれません。

 聴力に不安を持つ人は
 この大学を選ばないかもしれない。



 果たしてそれで正解なのか?



 ここで考えるポイントは3つです。



 ●「良かった」という判断基準


 まず第一に、
 この体験談を書いた人は、
 どうして「良かった」と判断したのか?


 例えば、
 「授業中に英語を使って説明してくれる」
 だから分かりやすかった。


 はたまた、
 「文法をとにかく細かく説明してくれる」
 だから良いと感じた。


 では、
 その基準は万人に共通なのでしょうか?



 「せっかく中国に来たのだから、英語なんて使わないで欲しい。」

 「文法は日本で一通りカバーしてる。例題を中心にして欲しい。」

 こう感じる人にとっては、
 実はこの先生は最悪になります。



 良し悪しの判断基準は人によって違います。
 ですから、


 体験談の良し悪しは鵜呑みにはできないのです。




 ●情報の賞味期限


 第二に、
 その体験談がいつ書かれたものなのか?

 例えば3年前に書かれたものであれば、
 すでにその問題点は解決されているかもしれない。
 その先生が転勤されてる可能性もある。


 「いつ」が明示されていない体験談は
 要注意です!




 ●その情報は自分に当てはまるのか


 これ、見落としてる人が多いです。

 「文法の先生が良かった」

 で、
 その先生が自分のクラスを受持つ保証は?笑


 特に大規模校になると、
 数十人の教員を抱えます。
 自分の受け持ちになる確率は
 数十分の一です。




 もちろん、
 体験談がすべて無意味というわけではありません。

 近くに大型スーパーがあって便利、とか
 大学の前に地下鉄の駅があって
 交通の便が良い、とか。


 そういった
 「客観情報」は有益です。



 ですが、
 ●先生の評価
 ●授業の良し悪し
 ●クラスメートの雰囲気
 などなど、

 「個人の主観が影響する情報」

 については、
 十分に注意する必要があります。



 いずれにしても、

 「体験談で評判が良かったから、この大学に決定!」

 というのは、
 絶対にしてはならない留学先の選び方です。




--------------------------------------------------
  1)体験談は書いた人の主観が入る

  2)書いた人の主観が自分に当てはまるとは限らない

  3)体験談をすべて鵜呑みにするのは危険
--------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************




おすすめの大学とは

 留学のカウンセリングをしているとき、
 お客様からよくいただくご質問

 「おすすめの大学はどこですか?」


 気になりますよね。
 知りたいですよね。
 あなたも聞いてみたいのでは?


 けど、このご質問。
 私の回答はそっけないものです。


 「人によって違います。」


 ●●大学と答えたことは
 今まで一度もありません。


 意地悪してるわけじゃないんです。
 本当に人によって、
 おすすめの大学は変わってくるんです。


 例えば、

   ●日本人が一人もいない大学


 こういう大学、
 あなたにとって魅力ありますか?


 Aさん語りていわく
   「日本人がいないなら、日本語を使う機会がない。
    中国語力を鍛えるにはベスト環境!ウェルカム!!」
 
 Bさん
   「日本人だらけってイヤだよね。
    けど、日本人が自分一人だけってのもさみしいよね。
    ほどほどに、いてくれるのがありがたいんだけど。。。」

 Cさん
   「日本人がたくさんいたほうが絶対良い。
    だって、多いほうが自分に合った友達を見つけやすいもん。」


 これ、実話です。
 弊社のお客様でこういう3種類の方がいらっしゃいました。



 大都市が良い。
 地方の小都市が良い。

 暑いところはパス。
 真冬の氷点下よりはマシ。

 HSK補講があるほうが良い。
 HSK受けないからどうでもいい。



 人それぞれ、
 留学に求めるもの、
 大学に求める条件が違います。

 「おすすめの大学がない」わけではありません。

 おすすめの大学は「人によって違う」のです。



 ですから、
 一人一人の求めるもの、条件、
 そういったものを聞かずに、

 いきなり
   「●●大学がおすすめです。本当に良い大学ですよ♪」
 なんて、
 言えるわけがないんです。



 あなたにとっての「おすすめの大学」

 それは、
 あなたが求めるものによって変わってきます



 そして、大切なこと。



 留学先は誰かにいきなりおすすめされて、
 それを受け入れるものではない。

 自分で条件を決め、
 それに合う大学を探す。

 受身ではなく、
 狩人のように追い求めるものなんです。




----------------------------------------------------
  1)誰にも共通のおすすめ大学なんてない

  2)留学に求めるものによって、おすすめ大学は変わる

  3)留学先は自分で条件を決めて、それに合った大学を探す
----------------------------------------------------




*********************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*********************************