都市と地方でどれくらい違う?

 「地方の方が物価が安い。
  だから地方大学に留学した方が節約できる!」


 う~ん、どうなんでしょうね。
 安いとしてどれくらい違うのでしょうか?

 今回は、都市部と地方区でのコスト差を見てみましょう。
 (1学期語学留学した場合です。)




 まず学費。

 確かに都市部の方が高いです。
 上海、北京などで、
 1学期平均9,000元程度です。

 地方区はかなり差があります。
 安いところでは5,000元代もあります。
 平均では7,000元くらいです。




 次に寮費。
 1人部屋に住んだとしましょう。

 都市部は1日80元くらい。
 地方では40元くらいで済みます。




 生活費。
 実はこれ、
 そこまで極端には差が出ません。

 学食や大学近所の安い食堂で食べる場合、
 倍も違うなんてことはありません。

 光熱費も地方差はそこまで極端ではない。

 バス代は1回乗って1元か2元。
 10回乗っても10元しか差が出ません。




 地方の方が高くなる費用項目が1つあります。

 それは、
 日本からの渡航費です。


 北京、上海は便数が多いので競争原理が働きます。
 ディスカウントチケットが出てきます。


 ところが、
 地方空港は日本からの直行便が少ない。
 ディスカウントが起こらなかったり、
 値下げ額が少なかったり。


 さらに、
 直行便がない場合は、
 中国で国内線へ乗り換え。


 そのため、
 大都市よりも地方都市のほうが
 渡航費は高くなる傾向があるんです。




 で、



 これらすべてひっくるめて、
 どれくらい変わってくるのか?



 私の試算では、
   ●地方の方が1学期あたり15万円安い
 です。



 問題は、
 この15万円をどうとらえるかです。




 留学後の現地就職を考えている人の場合、
 就職口が多い大都市を選んだ方が良いかもしれない。
 面接などで何度も行ったり来たりは大変ですから。


 また、留学なんて一生に一度あるかないかのイベント。
 ならば、
 15万円のコスト差を無視しても、
 行きたい大学に行った方が良いかもしれない。


 大都市に特にこだわりがないならば、
 地方で15万円節約するのも手でしょうし。



 みなさんにとってはどうですか?




--------------------------------------------------
  1)地方の方が1学期あたり15万円安い

  2)この15万円をどうとらえるかは熟考が必要
--------------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************