申請書類を減らす

 せこい節約方法なんですけどね。
 節約ってそもそも、
 小さいコスト削減の積み重ねですから。



 留学申請の際に大学に提出する書類
 いろいろあります。


 ●入学申請書

 ●パスポートコピー

 ●卒業証明書または在学証明書

 ●成績証明書

 ●履歴書

 ●健康診断書


 何が必要かは大学によって異なります。




 入学申請書だけでOKってのが、
 一番安く済みます。

 自分で書いて
 メール添付資料で送れば良い。



 ところが、



 パスポートコピーが必要と言われると、
 まずコピー代。
 まぁ、10円ですけど。笑

 自宅にFAXがあればよいですが、
 なければ
 コンビニとかで数百円取られます。



 書類が複数になる場合は
 コンビニFAXよりも
 EMS(国際スピード郵便)の方がお徳。

 それでも、最低で900円です。




 卒業証明書や成績証明書

 これ、社会人の方にとってはキビシイですよね。
 卒業した学校に足を運んだり、
 何度も連絡を取ったり。

 母校が廃校や併合になっている場合は
 本当に厄介です。




 こういった提出書類が多くなればなるほど、
 お財布から出て行くお金、
 それ以上に費やす時間が
 信じられないほど増えていきます。

 社会人の読者の方、
 想像してみて下さい。

 業務の合間の時間を使って、
 卒業証明書を取り寄せる作業。

 うんざりでしょ。




 ですから、
 他の条件が大差ないならば、
 提出書類が少ない大学を選ぶべきです。





 ちなみに、
 私も日々これで、
 大学とバトルしてます。


 「うちのお客さんは入学申請書だけでOKにしてよ!」
 「学歴条件ないんだったら卒業証明書いらないじゃん!!」


 なにせ相手はお堅い学校関係者ですから。
 なかなか前例を変えてもらうのは大変です。

 まぁ、おかげさまで。
 弊社のお客様はどこの大学でもマジメで評判が良いですので、
 なんとか要求を通していますが。




 いやね、
 ホント疲れるんですよ。
 中国人相手の条件闘争は。笑



----------------------------------------------------
  1)申請書類が多いほどお金と時間が消えていく

  2)同じ条件なら申請書類が少ない大学を選ぶべき
----------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





転校のコストアップ

 前回は転校のメリットについてお話しました。

 ●コストダウンが図れる
 ●中国のいろんな顔が見れる
 ●留学の可能性が大きく広がる



 では、デメリットはないのか?

 今回は、費用面でのデメリットをお話します。




 転校によるコストアップ要因は3つあります。




 ●授業料

 1学期の学費が6,500元。
 でも、
 1年分をまとめて一括納入すれば12,000元。
 1,000元割引。

 一部ですがこういう大学もあります。


 転校する前提で1学期分を払った。
 けど、
 思った以上に良い大学で、
 もう1学期延長することにした。

 また6,500元支払いですから、
 1,000元損することになります。


 ただ、こういうケースはごくまれです。




 ●ビザ費用

 これは100%確実にアップします。


 最初から1つの大学に1年留学で申請すれば、
 Xビザを1回取得するだけです。

 ところが、
 転校前提で半年留学で申請すると、
 まずは180日期限のFビザを取得。
 そして、
 転校先で再度、180日Fビザを取得です。


 地域によって差がありますが、
 平均で500元
 日本円で7,000円ほどのコストアップと考えてください。
 これは絶対に発生します。




 ●引越し費用

 移動する距離と荷物の量によりますので、
 一概にいくらとは言えません。

 ただ、
 これも防衛手段がないわけではない。

 極力荷物を減らして
 できるだけ自分で持って移動する。
 どうしても持てない分だけ、
 郵便局の一番安い便で送る。
 私はそうしました。





 ということで、
 転校では下がるコストと上がるコスト双方があります。
 ビザ費用以外は自分である程度の制御が可能です。

 ザックリですが、
 2~3万円のコストアップと考えてください。



 大事なのは、
 その金額に見合う価値が転校にあるのか、
 そして、
 どうすれば転校を有効に活かせるか、です。



----------------------------------------------------
  1)転校のコストアップは2~3万円

  2)自分自身が転校を有効活用できるかがポイント
----------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





転校の活用

 中国留学で転校ができるってご存知ですか?
 1学期目は●×大学、2学期目は▲■大学
 普通に簡単にできちゃいます。

 この転校を使うことで、費用の節約が可能です。




 例えば、
 社会人の方が会社を辞めて留学する。
 留学終了後、現地採用で働きたい。


 こういう方って、
 上海とか広州とか大連とか
 日本人求人の多い地域に留学しようとされます。


 ですが、
 沿海部大都市ですから、
 当然、コストは高くつくわけです。




 でもね、
 よく考えてみてください。

 就職活動って1年間かけてしませんよね。
 最後の数ヶ月で就職先を見つける。
 だったら、
 上海に1年住む必要性はないわけです。




 そこで、

 ●最初の半年は内陸中小都市→コストダウン
 ●次の半年は上海→就職活動

 と、留学先を変えることで、
 トータルコストを落とすことが可能なんです。





 転校は他にもいろんなメリットがあります。



 ●地方都市と大都市、北方と南方など
  中国の複数の顔を見る



 ●最初は小規模校で1クラス人数が少ない環境
  次は大規模校で商務漢語を勉強



 ●最初の半年は大都市で中国に慣れる
  次の半年は地方の小都市に挑戦




 1年間を前期と後期に分けて、
 それぞれに目的性を持たせる。

 そうすることで
 中国留学の可能性がものすごく広がるんです。

 「中国留学情報」が転校手続きを無料サービスにしているのは、
 その可能性を十二分に活かしてもらいたい、
 いろんな中国を見てもらいたい、
 そう思っているからです。




 ちなみに、
 私自身も転校経験者です。
 転校して本当によかったと思っています。



-----------------------------------------------
  1)中国留学でも転校が可能

  2)転校でコストダウンができる

  3)転校は中国留学の可能性を大きく広げる
-----------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





インターネット

 まず、前提条件として、
 中国の大学のほとんどの寮で
 インターネットが使えます。

 ですから、留学生にとって、
 ノートパソコンは必携品です。



 費用ですが、
 大学によってかなり差があります。

 学内のネットを使ってる場合は、
 無料の大学がけっこうあります。
 有料でも月額30元くらい。



 学外の普通のネット環境を使ってる場合は、
 月額100元前後のところが多いです。



 ですから、この項目で節約するならば、
 ネット無料の大学を探すべし。


 また、
 無料でも有料でも、
 最初に開通工事料を取られることがあります。
 ただこれって、
 現地に着くまで分からないことが多いんですよね。




 ネットを使って積極的にお金を守るならば、
 スカイプは絶対インストールしておくべきです。

 日本の固定電話にかける場合、
 1時間話しても150円くらいです。
 これはうれしいですよね。



 さらに、



 家族とか、彼氏彼女にも
 スカイプをインストールしておいてもらいましょう。
 スカイプ同士ならば、通話料は無料。

 マイク+イヤホンのヘッドセットは、
 秋葉原とかで1,000円くらいで売ってます。



 まぁね、
 「今日の8時にかけるから待機しといてね!」
 ってな感じで、
 事前に予告メールってのが
 ちょっと貧乏ったらしいですけど。笑



----------------------------------------
  1)ネット無料の大学がお徳

  2)スカイプは絶対インストールしておくべき
----------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





学外に住む

 「最大の留学コスト=寮費」

 住居費が一番高いという話は、
 今までにも何度かしてきました。



 これを低減させる秘策、
 それは、


   ●学外に住む


 つまり、
 大学の外にアパートやマンションを借りる。




 日本では
 学外のアパートよりも
 学内の寮の方が安いですよね。


 中国も基本的にはそうなんです。
 中国人学生が住む寮は、
 学外の賃貸物件より圧倒的に安い。




 ところが、
 留学生寮となると話は別です。
 なにせ、留学生相手は儲かりますから。
 はっきり言って、スーパー割高。




 例えば、上海市内で考えた場合、
 留学生寮の1人部屋は
 1日80元程度。
 1ヶ月2,400元くらいです。



 これに対して、
 上海のローカルのアパートを借りたとしましょう。
 一般的な上海庶民が住むレベルです。

 都心部はともかくとして、
 2DKクラスで1ヶ月1,500~2,000元くらいで借りれます。
 絶対、寮より安いんです。



 さらに、
 マンションの3LDKを3人でルームシェアすれば、
 それなりの部屋に1人1,500元以内で住めます。




 しかも、




 中国の賃貸物件は日本と違って、
 冷蔵庫やテレビ、ベッドなど、
 家電製品や家具は一通り付いています。
 自分で買わなくて良い。




 さらに、




 アパートの住民と交流を持ったり、
 中国の普通の生活を体験してみたり。
 経済面以外でのメリットも大きいんです。




 注意点は2つ。



 まず、留学1学期目からは無理です。

 来ていきなり、
 不動産屋さんと交渉とかハードル高いでしょ。
 生活状況もよく分からないし。

 とりあえず1学期目は寮に住む。
 すでに外に住んでる人から情報を集めたり、
 不動産屋さんをのぞいてみたり。
 ルームシェアする仲間を探してみたり。

 そうやって、
 2学期目から外住みデビューが妥当です。



 2点目。
 短期契約って中国でも嫌がられます。

 大家さんは
 1契約ごとに不動産屋さんに手数料を払わなければならない。
 当然、1回の契約で長く住んでもらったほうが良い。

 このあたりは交渉次第です。
 そのためにも、
 1学期目に中国語力をアップさせる必要がありますよね。




 中国で普通のマンションやアパートで生活してみる。
 なんか面白そうでしょ。
 お金も節約できますし。
 ぜひ、チャレンジしてみてください。




-------------------------------------------
  1)留学生寮よりも学外のアパートの方が安い

  2)1学期目から学外はハードルが高い

  3)1学期目に情報収集、2学期目から学外居住
-------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





光熱費

 今回はせこく細かいです。
 光熱費について。


 そもそも、中国での光熱費って
 いったいどのくらいかかるのか?



 上海の下町の2DKのマンションに1人で住み、
 自炊は一切せず、
 引きこもってパソコンばかり見ている。

 仮称:ヨシノさんを見てみましょう。笑



 まず電気代ですが、
 普通の月は数十元です。
 だいたい30~70元くらいかな。

 夏は暑いんですが、
 私は高層階に住んでるので、
 窓開けとけば風がビュービュー吹いてきます。
 そんなにエアコン使わないので、
 100元ちょっと超えるくらい。


 ガス代も知れてますね。
 月に30元程度です。
 冬場になると50元くらい。


 水道代なんて20元いくかいかないか。
 メーター壊れてんじゃないかな?w



 ってことで、
 ヨシノさんの光熱費は、
 月額200元くらいです。



 ただ、
 節約はやっぱり細かいことの積み重ねですからね。
 この光熱費にもメスを入れたい。




 まずは、光熱費無料の大学。
 これがベストです。



 セカンドベストは
 ●電気代無料、水道代実費

 夏場のエアコン代はけっこうかかります。
 逆に水道代はもとが安いから影響度が低い。
 電気代無料の大学のほうがおトクです。




 秋学期に留学する場合。
 光熱費だけを考えると、
 長江以北の大学がおトクです。


 江蘇省北部を越えると、
 部屋に「暖気(nuan3qi4)」という暖房機器が付いています。
 オイルヒーターみたいなものです。

 これがあれば部屋の中はポカポカ。
 厳冬期のハルビンなんて、
 室外は氷点下20度、
 室内は暖気のおかげで摂氏20度。
 温度差40度です!


 この暖気、
 留学生寮は無料です。


 これに対して長江以南。


 まず、石油ファンヒーターなんてありません。
 石油ストーブもない。
 あるのはエアコンだけ。

 しかも、中国の建築は壁に断熱材など入ってなく、
 立て付けも悪くて隙間風がピューピュー。

 エアコンつけっぱなしじゃないと
 ホント寒くてやってられない。

 電気代すぐに200元とかいっちゃいます。




----------------------------------------
  1)中国の光熱費はそもそも安い

  2)光熱費無料の大学がおトク
----------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





中国人寮に住む!

 中国留学での節約
 最大のポイントは寮費

 今回はウラワザです。



 中国の大学は全寮制です。
 中国人学生は
 すべて学内の寮で生活します。

 数は少ないのですが、
 この中国人向けの寮に住める大学があるんです。




 これが安い!



 ぬわんと、平均して

 ●年間1,500元

 です。





 前回までに何度も書きましたが、
 留学生寮の平均プライスは、


 1人部屋
 ●60元×330日=19,800元

 2人部屋
 ●30元×330日=9,900元


 それが
 ●1,500元!!


 1人部屋と比べると
 差額は約30万円!

 トレビア~ン♪





 ちなみに、
 この中国人学生寮
 一般的に

 ○6畳くらいの部屋に4~6人
 ○エアコンなし
 ○トイレ共用
 ○風呂は公衆浴場
 ○洗濯機なし(つまり、手洗い)

 などなど。
 なかなか過酷な条件です。




-----------------------------------------
  1)中国人学生寮はとにかく安い

  2)ただし、生活環境は苛酷
-----------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************



1人部屋か2人部屋か?

 留学生寮はふつう、
 1人部屋と2人部屋があります。

 これも節約のポイントです。


 というのも、


 ほとんどの大学で、

   ●2人部屋は1人部屋の半額

 なんです。



 つまり、

   ●2人部屋に住めば、寮費コストを半減できる

 う~ん、魅力的ですねぇ。



 例えば、
 平均的な1人部屋の寮費は
 1日60元です。

 これを2人部屋にすれば、
 1日30元になります。

 つまり、
 1日あたり30元節約できる。



 先週お話した、
 曲者「330」が効果を発揮します。


 30元×330日=9,900元


 2人部屋に住めば、
 年間約16万円節約できるんです!

 これは大きいですよね。



 ただ、注意が必要です。



 中国の留学生寮の2人部屋とは、
 8畳くらいの部屋に、
 ベッドと机が2つずつある。

 つまり、

 ホテルのダブルルームです。



 ここで2人で生活するわけですから、
 プライベートはまったくありません。

 常に横にルームメイトがいるわけで、
 落ち着ける環境ではない。



 これは実に悩ましい問題です。

 16万円を取るか。
 プライベートと落ち着いた環境を取るか。



 安い1人部屋が一番良いのでしょうけど。笑




-----------------------------------------
  1)2人部屋に住めば寮費は半減

  2)1年で平均16万円の節約

  3)ただし、プライベートはゼロ
-----------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************



最大のコストカット項目

 前回は
 
 ●学費だけを見てたらダメ
 
 という話をしました。



 では、
 節約につながる最大のポイントは?



 答えは
 
 ●寮費



 なぜか?




 まず第一に、総額が大きい。


 1人部屋1日の寮費は、平均で60元です。
 1年留学は11ヶ月330日滞在。

 ですから、
 60元×330日=19,800元
 になります。

 そもそもの総額で、
 学費よりも高くつくんです。




 第二に、格差が大きい。

 学費の場合、
 高いところで年間20,000元
 安いところで10,000元

 その差は
 所詮は2倍程度に過ぎません。



 ところが、
 寮費は違います。



 1人部屋は都市部の高いところで1日120元
 地方など安いところを探すと、
 1日10元以下の大学もある。

 10倍以上も違うんです!





 さらに、
 先ほど書いたように、
 1年留学は330日

 この「330」が曲者なんです。




 1人部屋1日が120元の大学と10元の大学では、
 1日あたりの差額は110元。
 これが1年留学になると…


 110元×330日=36,300元


 なんと、
 日本円で58万円も違ってくるんです!!!

 ひぇ~




---------------------------------------
  1)最大の節約ポイントは寮費!
---------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************



学費は重点なのか?

 お客様からよく

   「学費の安い大学を紹介してくれ!」

 とご依頼をいただきます。



 一応ご紹介差し上げるのですが。
 う~ん。
 重点ずれてんだよなぁ・・・



 節約術の基本
   ●論理的に冷静に考える



 学費が高い大学と安い大学で、
 どのくらい違うのか。
 冷静に考えたことはありますか?




 年間学費、都市部で18,000元
 地方区で14,000元が相場です。
 地方で安いところを探せば、
 12,000元くらいはよく出てきます。

 ということは、
 がんばって安いところを探しても、
 その差額は、

 年間で6,000元
 日本円換算で、96,000円です。(両替レート)



 第1回で話したとおり、
 語学留学1年の費用は約100万円

 ってことは、
 学費の安い大学を必死に探しても、
 最大でも10%の影響力しかないんです。




 もちろん、
 10%を無視して良いというわけではありません。

 ですが、




 学費が10%しか影響力がないということは、
 もっと影響力の大きい項目が
 絶対あるはずなんです。




 10%の学費削減に注力して、
 他の項目を見落としていた。

 そんなことがないように注意が必要です。




 では、
 学費以上に重視すべき費用項目とは?



 それは次回お話しします。




----------------------------------------------
  1)学費の影響力は最大でも10%しかない

  2)10%だけに注力しても、大幅コストカットは無理
----------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





都市と地方でどれくらい違う?

 「地方の方が物価が安い。
  だから地方大学に留学した方が節約できる!」


 う~ん、どうなんでしょうね。
 安いとしてどれくらい違うのでしょうか?

 今回は、都市部と地方区でのコスト差を見てみましょう。
 (1学期語学留学した場合です。)




 まず学費。

 確かに都市部の方が高いです。
 上海、北京などで、
 1学期平均9,000元程度です。

 地方区はかなり差があります。
 安いところでは5,000元代もあります。
 平均では7,000元くらいです。




 次に寮費。
 1人部屋に住んだとしましょう。

 都市部は1日80元くらい。
 地方では40元くらいで済みます。




 生活費。
 実はこれ、
 そこまで極端には差が出ません。

 学食や大学近所の安い食堂で食べる場合、
 倍も違うなんてことはありません。

 光熱費も地方差はそこまで極端ではない。

 バス代は1回乗って1元か2元。
 10回乗っても10元しか差が出ません。




 地方の方が高くなる費用項目が1つあります。

 それは、
 日本からの渡航費です。


 北京、上海は便数が多いので競争原理が働きます。
 ディスカウントチケットが出てきます。


 ところが、
 地方空港は日本からの直行便が少ない。
 ディスカウントが起こらなかったり、
 値下げ額が少なかったり。


 さらに、
 直行便がない場合は、
 中国で国内線へ乗り換え。


 そのため、
 大都市よりも地方都市のほうが
 渡航費は高くなる傾向があるんです。




 で、



 これらすべてひっくるめて、
 どれくらい変わってくるのか?



 私の試算では、
   ●地方の方が1学期あたり15万円安い
 です。



 問題は、
 この15万円をどうとらえるかです。




 留学後の現地就職を考えている人の場合、
 就職口が多い大都市を選んだ方が良いかもしれない。
 面接などで何度も行ったり来たりは大変ですから。


 また、留学なんて一生に一度あるかないかのイベント。
 ならば、
 15万円のコスト差を無視しても、
 行きたい大学に行った方が良いかもしれない。


 大都市に特にこだわりがないならば、
 地方で15万円節約するのも手でしょうし。



 みなさんにとってはどうですか?




--------------------------------------------------
  1)地方の方が1学期あたり15万円安い

  2)この15万円をどうとらえるかは熟考が必要
--------------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





総まとめ篇5

 総まとめ篇、最終回です。
 非常に重要な「留学生寮」についてです。



 まず、部屋のタイプについて。



 2人部屋というのは、
 ホテルのダブルルームをイメージしてください。

 8畳くらいの部屋に、
 机とベッドが2つずつです。

 これを1人で占有するのが1人部屋です。



 部屋の設備ですが、

 ●机、ベッド
 ●電話
 ●テレビ
 ●エアコン
 ●バストイレ

 これが標準装備です。

 バスはシャワーのみが基本です。



 2人部屋はおすすめしません。



 なにせ、狭い空間に2人です。
 まずプライベート空間がない。
 特に社会人にとってはこれはキツイはずです。


 また、集中して勉強するのに難があります。


 相手が音楽をかけながら勉強するとか。
 相手に遠慮してテキストの音読ができないとか。
 相手が友達連れてきて長話はじめたとか。



 「ルームメイトと中国語で話して力がついた!」

 これ、幻想です。
 留学生同士の中国語なんて、
 所詮はなんちゃってチャイニーズです。

 仮に微量の効果があったとしても、
 集中して勉強できないデメリットの方が大きいです。



 「2人部屋のほうが安い!」

 確かにその通りです。
 1人部屋の半額です。

 でも、それならば、
 まずは1人部屋が安い大学を探すべきです。

 2人部屋は最後の最後の究極の妥協点です。




-----------------------------------------
  1)絶対に1人部屋にすべき
-----------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





総まとめ篇4

 前回、前々回と、
 大学選びの基準にならない条件を話してきました。

 今回は、基準となる条件です。
 ズラッと並べます。



 ●1クラス人数

 少なければ少ないほど、発言機会が増え、
 質問もしやすくなります。

 理想は平均5人以下。
 最低でも15人以下はキープしたいラインです。



 ●レベル分け

 多いほど自分に合ったクラスが選びやすくなります。



 ●日本人の人数

 これは人によって基準が異なります。

 「1人もいないところで日本語を一切使わない」
 「多すぎるのは困る」
 「たくさんいた方が楽しい」

 自分にとって何%くらいが良いのか。
 基準を定めてください。



 ●国籍構成

 特定の国出身の学生が多すぎると、
 授業中にその国の母語が飛び交いだします。

 いろんな国の学生と交流したいというならば、
 国籍構成が豊富な大学のほうが良いですよね。



 ●選択科目

 太極拳や書道のほか、
 発音矯正など勉強系の科目を設定している大学もあります。



 ●HSK補講

 選択科目の一つです。
 HSKの対策授業をやってくれます。

 ただし、スーパー大規模校を除いて、
 普通は1クラスだけです。

 様々なレベルの学生が入り混じった集合授業。
 私はあまり価値はないと思っています。

 自分で問題集を買って勉強して、
 分からないところを先生に聞きに行く。
 その方が時間効率ははるかに良いです。



 ●日本語学科の有無

 互相学習相手を見つける上での重要ポイントです。
 同じキャンパスにあるのかも要チェック。



 他にも、
 「寒いところは苦手」
 「現地採用の就職活動をしたい」
 「日本に帰りやすい場所が良い」
 などなど。
 人によっていろんな基準があるでしょう。



 重要なのは、

 ●条件に優先順位をつける

 ことです。



 すべての条件を満たす大学なんて皆無です。

 「小規模校は1クラス人数は少ないけれど、
  小規模ゆえにレベル分けも少ない」

 といったように、
 両立しにくい条件もあります。


 どの条件を重点とし、
 どの条件で妥協するのか。


 この視点も重要です。




-------------------------------------------
  1)大学選びの条件を明確にする

  2)すべてを満たす大学はない

  3)条件に優先順位をつける
-------------------------------------------





*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************