転校のコストアップ

 前回は転校のメリットについてお話しました。

 ●コストダウンが図れる
 ●中国のいろんな顔が見れる
 ●留学の可能性が大きく広がる



 では、デメリットはないのか?

 今回は、費用面でのデメリットをお話します。




 転校によるコストアップ要因は3つあります。




 ●授業料

 1学期の学費が6,500元。
 でも、
 1年分をまとめて一括納入すれば12,000元。
 1,000元割引。

 一部ですがこういう大学もあります。


 転校する前提で1学期分を払った。
 けど、
 思った以上に良い大学で、
 もう1学期延長することにした。

 また6,500元支払いですから、
 1,000元損することになります。


 ただ、こういうケースはごくまれです。




 ●ビザ費用

 これは100%確実にアップします。


 最初から1つの大学に1年留学で申請すれば、
 Xビザを1回取得するだけです。

 ところが、
 転校前提で半年留学で申請すると、
 まずは180日期限のFビザを取得。
 そして、
 転校先で再度、180日Fビザを取得です。


 地域によって差がありますが、
 平均で500元
 日本円で7,000円ほどのコストアップと考えてください。
 これは絶対に発生します。




 ●引越し費用

 移動する距離と荷物の量によりますので、
 一概にいくらとは言えません。

 ただ、
 これも防衛手段がないわけではない。

 極力荷物を減らして
 できるだけ自分で持って移動する。
 どうしても持てない分だけ、
 郵便局の一番安い便で送る。
 私はそうしました。





 ということで、
 転校では下がるコストと上がるコスト双方があります。
 ビザ費用以外は自分である程度の制御が可能です。

 ザックリですが、
 2~3万円のコストアップと考えてください。



 大事なのは、
 その金額に見合う価値が転校にあるのか、
 そして、
 どうすれば転校を有効に活かせるか、です。



----------------------------------------------------
  1)転校のコストアップは2~3万円

  2)自分自身が転校を有効活用できるかがポイント
----------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント