地域で選ぼう

 大学の選び方、人それぞれなんですが。
 先に地域を選び、それから大学を絞る。
 これも一つのやり方です。


 その上で注意点があります。



 まず、標準語について。
 以前紹介しましたので、詳しくは語りませんが、
 「標準語=北京語」
 これは大間違いです。

 本当の標準語狙いならば、
 黒龍江省、吉林省の都市部です。



 「歴史が好きだから西安」

 これはOKだと思います。
 西安は住んでるだけで歴史を感じられます。
 兵馬俑とかにも近いですし。



 ですが、



 「古代史が好きなので河南省」

 これ、微妙です。

 殷墟など河南省は古代史の宝庫です。
 とは言っても、大学の横に遺跡があるわけではない。笑
 休日などを使って遠征する必要があります。

 河南省に留学すれば、
 自動的に古代史が付いてくるわけではありません。



 そして最大の問題点。
 イメージと現実の違い。

 どういうことか?




 「少数民族に興味があるので雲南省!」

 そうですよね。
 確かに少数民族といえば雲南省です。

 ですが、雲南省って一口に言いますが、
 めっちゃ広いってご存知ですか?




 日本より広いんです。笑




 だから、少数民族の写真を見て、
 その写真に雲南省って書いてた。

 おぉ~、雲南省に行けばあんな人がいるんだ!

 なぁんて思うとえらい目に遭います。


 雲南省で留学するとなると、
 よほどのルートがない限り省都の昆明です。

 私も何度も行ってますが、
 市内で民族衣装を着た人なんて
 一度も見たことがないです。




 「モンゴルの大草原に萌え~、内蒙古自治区!」

 いやね、気持ちは分かりますよ。
 けど考えてみてください。
 草原に大学はないですよ~




 ●海が好きなので海南省
 ●ベトナム人と仲良くなりたいので広西自治区
 ●山水画の世界に魅せられて桂林

 これはOKです。
 でも、草原に留学は無理がある。笑



 地域で大学を選ぶ場合は、
 十分な情報収集が必須です。




--------------------------------------------
  1)地域で留学先を選ぶのもアリ

  2)大学があるのはそれなりの都市

  3)イメージ通りか情報収集が重要
--------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************



この記事へのコメント