大学の特長で選ぼう!

 大学選びの条件、今までいろいろと述べてきました。
 1クラスの平均人数、レベル分けの多さ、
 日本語学科があるか、1人部屋を確保できるか、などなど。


 では、大学自体の魅力では選べないのか?
 大学の特長について考えてみましょう。



 まず、最初に言っておきたいのは、
 残念ながら特長で選べる大学は
 非常に少ないということです。


 特長がない、というわけではないんです。
 語学留学生に価値のある特長がなかなかない。




 いくつかの大学の日本語のホームページを見てください。
 エージェントなどの大学紹介でもけっこうです。


 ●100年以上の歴史を持つ名門校
 ●中国トップレベルのエリート校


 だから何?笑


 大学として100年の歴史があることと、
 語学習得に何の関係があるのか?

 ないんですよ。
 外国人相手の語学教育を100年やってきたわけじゃないから。


 エリート校だから何?
 中国人学生が優秀なだけでしょ。
 それが中国語学習になんの役に立つのか?

 だったら、日本語勉強したい外国人は、
 みんな東大行ったらいいじゃないですか。



 ●庭園のような美しい大学

 行きましたよ、私も。
 まぁ、キレイはキレイですけどね。
 所詮は大学です。
 兼六園には負けます。笑

 それ以前に、
 大学のキレイさと、中国語習得の関連性が分からない。



 ●211工程の対象となった重点大学

 211工程とは、中国教育部が定めた政策で、
 21世紀までに100大学に重点投資するというものです。
 この投資は中国人学生の教育に対するものです。
 211工程の対象だからって、
 外国人の語学教育が強化されてるわけではありません。



 他にもいろんなことが書いてるんですが、
 我々外国人が留学して、
 語学留学に本当に役に立つ。
 そんな特長ってほとんど書かれてません。
 つまり、無い。

 これ、みなさんもぜひ冷静に考えてください。




 では、外国人留学生に役に立つ、
 本当の「価値ある特長」とは何なのか?

 例を挙げてみましょう。



 ●発音矯正の授業がある

 間違った発音を集中して直してくれる。
 これは価値ありますよね。



 ●毎日マンツーマンレッスンがある

 互相学習って、意外と毎日やる人は少ないです。
 週に1・2日って人がほとんどです。
 毎日マンツーマンがあると、強制的ですから良いです。



 ●ホームステイができる

 欧米留学ではホームステイが一般的ですが、
 中国ではまだまだ普及していません。



 ●ビジネス中国語のコースがある

 これも中国全土で数校だけです。



 ●留学生が1人もいない

 いやいや、冗談で言ってるんじゃないですよ。
 自動的に全授業がマンツーマンになります。
 常に家庭教師状態です。これは効果抜群です。

 ちなみに、「中国留学情報」は毎学期この大学を探してます。
 希望者が毎学期数人いらっしゃるものでして。
 ようやく探しても1人しか紹介できないので、
 商売的にはまったく無意味なんですが。笑



 こういった特長は、確実に留学生のメリットになります。
 歴史が長いとか、エリート校だとか、
 そんな価値のない特長とは意味が違います。

 ただ、
 こういった大学は本当に少ない。
 片手で余るほどしかありません。
 だからこそ、「中国留学情報」は中国全土を回ってるのですが。



 ぜひぜひ、こういった大学にも目を向けてみてください。
 



--------------------------------------------------
  1)留学生に無意味な特長が多い

  2)その特長が自分にとって意味があるか吟味が必要

  3)ごくわずかだが価値ある特長を持つ大学もある
--------------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント