大希望校?小規模校?

 4回に渡って大規模校、小規模校の
 メリット、デメリットを見てきました。
 大学選びのポイントの再確認もできたかと思います。

 では、大規模校、小規模校、どちらが良いのでしょうか?



 大規模校、小規模校の比較でみなさん気づかれたと思いますが、
 両者のメリット、デメリットは相反するものばかりです。


 ●1クラス人数
    大規模校…多い
    小規模校…少ない


 ●クラスのレベル分け
    大規模校…多い
    小規模校…少ない


 ●日本人の人数
    大規模校…多い
    小規模校…少ない


 ●留学生の国籍
    大規模校…多い
    小規模校…少ない


 ●コスト
    大規模校…高い
    小規模校…安い


 ●選択科目
    大規模校…豊富
    小規模校…皆無


 ●互相学習の相手
    大規模校…確保しにくい
    小規模校…確保しやすい


 ●1人部屋
    大規模校…確保しにくい
    小規模校…確保しやすい


 ●教師、スタッフとの親密度
    大規模校…低い
    小規模校…高い



 まずすべきことは、1校でも多くの大学情報を見ることです。
 数は本当に少ないのですが、
 大規模校、小規模校双方のメリットを持った大学もあります。


 ですが、やっぱり少ないんですよね。
 そういう大学って。


 そうなるとやはり、
    ●優先順位
    ●妥協ライン
 がポイントになってきます。


 最優先条件が選択科目の充実であれば、
 迷うことなく大規模校を選ぶべきです。
 小規模校を選んだら絶対に後悔することになります。

 逆に1クラス人数にこだわるのであれば、
 どう考えても小規模校です。



 留学先の大学を選ぶのって、
 引越しに似てるんです。
 すべての条件が揃った部屋ってなかなかないですよね。

 すべてベストを求めていたら、
 永遠に留学はできません。


 優先順位を明確にする。
 100%は無いことを知る。
 どこかで妥協する。


 これが大学選びで必要な姿勢です。


 

---------------------------------------------------
  1)大規模校と小規模校は相反する環境

  2)双方の良いとこ取りは不可能

  3)優先順位の明確化と、どこかでの妥協が必要
---------------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント