小規模校のメリット?

 前回、前々回と大規模校について考えてきました。
 今回、次回は小規模校について考えてみます。
 一言で言うと、ちょうど大規模校の逆の現象が起きます。

 なお、ここで言う小規模校とは、
 留学生総数が数十人規模の大学です。
 また、あくまでも一般論として考えてください。



 ●お客さま扱いしてくれる

 100km離れてても無料で迎えに来てくれたり。
 初日から互相相手を紹介してくれたり。
 手際は悪いけど懇切丁寧だったり。
 いわゆる歓迎モードです。



 ●1クラス人数が少ない

 平均で12人以下の大学が多いです。
 少ない大学では5人を切ってきます。

 ただし、あくまでも全クラスの平均です。
 例えば平均が10人である場合、
 下位クラスは15人、上位クラスは5人、
 平均すると10人という場合が少なからずあります。
 それでも大規模校に比べると圧倒的に少人数です。



 ●日本人が少ない

 日本人が数人程度、
 またはゼロ人という大学も多いです。
 右も左も日本人だらけとう状況にはなりません。



 ●コストが安い

 大規模校が沿海都市部に多いのに対して、
 多くの小規模校が内陸にあることも要因ですが、
 大規模校に比べると1学期で10万円以上違ってきます。



 ●1人部屋を確保しやすい

 なにせ留学生が少ないですから、部屋が余ってます。
 1人部屋を確保できる大学が多数派です。



 ●融通が利く

 学生のリクエストで授業内容を変更してもらうなど。
 小世帯ですのである程度の融通が利きます。



 ●互相相手を確保しやすい

 なにせ日本人がほとんどいません。
 日本語学科の学生や、二外で日本語を学ぶ学生など。
 互相相手の確保には不自由しません。



 ●教師、スタッフとの距離が近い

 なにせ留学生が少ないですから。
 教師、スタッフがほとんどの学生を覚えています。
 これは大規模校ではありえないことです。




-----------------------------------------------
  1)小規模校は1クラス人数が少ない

  2)コストも安く、1人部屋も確保しやすい
-----------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント