選択科目に注目!

 前回までは
 クラス環境を中心に考えてきました。

 今回からは
 学習環境を考えていきましょう。




 大学選びの条件5:【選択科目】




 留学したらどんな授業科目があるのか。
 主なものは…


 ●総合…文法が中心です。精読とよぶ大学もあります。

 ●口語…これは会話の授業。

 ●聴力…ヒアリングですね。

 ●閲読…長い文章を読みます。

 ●写作…作文の授業です。


 これらのお勉強系の科目は、
 ほとんどの大学で午前中に行われます。




 そして、午後。
 選択科目が行われます。

 これらは自由参加で、
 授業料は無料の大学が多いです。

 どんな科目があるかというと…


 ●太極拳

 ●書道

 ●絵画(鑑賞ではなく自分で描く)


 一番多いのがこの3つです。


 他には


 ●二胡

 ●中華料理

 ●映画鑑賞


 変わったところでは


 ●京劇


 なんてのもあります。



 以上に挙げたのは
 文化系、趣味系の科目ですが、


 ●HSK補講

 ●発音矯正

 ●上海語・広東語

 ●古代漢語


 また、最近では


 ●英会話


 なんて科目を作る大学も出てきました。




 こういった選択科目も魅力の一つですよね。
 趣味で二胡を習ってみたり、
 中国語をさらに勉強してみたり、
 欲張って英語にも挑戦してみたり。


 選択科目を
 大学選びの条件の一つにするのもアリでしょう。




 注意点が2つあります。




 まず第一に、

 ☆選択科目が揃っているのは大規模校


 ある程度の人数がいないと開講できませんよね。
 小規模校では選択科目がないところも多いです。




 第二に、

 ☆選択科目が開講されるかは、新学期になってみないと分からない


 二胡の選択科目を開講しようとした。
 ところが、受講希望者が2人しかいなかった。
 この場合、
 二胡の授業はなくなります。

 このあたり、
 中国ってドライです。
 たった2人だけのために、
 お金を払って先生を雇ったりしません。


 ですから、
 大規模校の太極拳みたいに、
 ある程度の受講者が見込まれる科目は
 ほぼ毎学期開講されます。


 ですが、小規模校の場合、
 ふたを開けてみないと分からない。


 去年は発音矯正の選択科目があった。
 それに魅力を感じて、その大学を選んだ。
 ところが、
 行ってみたら希望者不足で開講されなかった。


 そうなる可能性は十分あります。




------------------------------------------------------------
  1)選択科目は大規模校が充実している

  2)小規模校では新学期が始まってみないと分からない

  3)前学期あった科目が、来学期なくなる可能性もある
------------------------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント