大規模校の悪いところ

 前回は大規模校のメリットを見ました。
 今回はデメリットを見てみましょう。



 ●留学生の扱いが雑

 すべてがそうとは言いません。
 丁寧な人もいます。

 ただ、私自身が数百大学を見てきた実感として、
 留学生に対するお客さま意識が低いと感じます。
 大規模校ゆえに放っておいても留学生は集まってくる。
 それゆえ、来てくれてありがたいとか、
 これで今月も給料がもらえるとか、
 そういった感覚が希薄だと感じます。

 あくまでも私個人の感覚ですが。



 ●1クラス人数が多い

 平気で20人を超えるところが多いです。
 多いところでは30人を超えます。
 これが最大のデメリットです。



 ●日本人が多い

 特に北京、上海、大連でこの傾向が強いです。
 ただし、これは一概に悪いとは言えません。
 日本語から隔離された環境が良いという人もいれば、
 日本人がいたほうが心強いという人もいます。



 ●コストが高い

 大規模有名校になると、同じ市内の他大学と比べて、
 1学期学費で1,000~2,000元、
 1人部屋1日の寮費で数十元高くなります。



 ●1人部屋を確保しにくい

 慢性的に1人部屋が不足しています。
 1人部屋が空いた瞬間に、
 前学期から2人部屋に住んでいる学生が移ってきます。
 このため、最初から1人部屋を取るのが難しいことが多いです。




-------------------------------------------
  1)大規模校は総じて1クラス人数が多い

  2)近隣他校に比べてコストが高くなりがち

  3)1人部屋を確保しにくい
-------------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント