大規模校の良いところ

 今までは大学選びのポイントを個別に見てきました。
 今回からは今までのポイントを別の切り口で見ていきます。
 みなさんの頭の中も整理してみてください。


 さて、今回取り上げる大規模校というのは
 語学留学生だけで数百人を超える規模の大学です。
 大規模校には次のようなメリットがあります。



 ●知名度がある

 もちろん、知名度があるから授業が良いとは限りません。
 ですが、子供を送り出す親としては安心できます。
 安心の根拠はないんですけどね。笑
 特に学生の方は親の同意が取りやすくなります。



 ●留学生に慣れている

 なにせ毎学期、数百人を迎え入れるわけです。
 スタッフがみんな慣れてますので、
 現地での入学手続きなどもスムーズです。
 また、日本人の扱いにも慣れています。



 ●日本人が多い

 日本人が少なすぎると心細い
 ある程度いたほうが気の合う友達を見つけやすい
 こういった方には大規模校のほうが合っています。



 ●クラスのレベル分けが多い

 最低でも5段階、多いところでは10段階以上あります。
 多ければ多いほど、自分に合ったクラスを選べます。



 ●選択科目が多い

 選択科目はある程度の人数が集まらないと開講されません。
 大規模校は常に留学生が多いので、
 多くの選択科目がコンスタントに開講されます。
 また、太極拳などの文化系の科目以外に、
 発音矯正や商務漢語など教科系の科目も充実しています。



 ●留学生の国籍が多い

 多い大学では100カ国以上から留学生が来ています。
 ただし、留学生に占める比率とは一致しません。
 確かに100カ国から来ているけれど、
 日韓で学生の8割を占めるという場合もあります。



 ●提携関係

 大規模有名校の場合、
 日本の大学と提携関係を結んでいたりします。
 単位認定制度があって休学扱いにならなかったり、
 学費や寮費を免除される場合もありますので、
 大学生の方にはメリットが大きいです。



 下記は大規模校のメリットとは言えません。



 ●歴史が古い

 歴史が長いことと、語学教育の成果に関連はありません。
 歴史の中で経験やノウハウを蓄積していること、
 そしてそれらを全教員が共有してないと無意味です。



 ●教師が優秀

 大規模校、有名大学、偏差値の高い大学だからといって、
 中国語を教える教師すべてが優秀とは限りません。
 どんな大学でもベテラン教師もいれば、
 新人教師、他学部からの応援、大学院生のアルバイトもいます。
 これは、大規模校、小規模校、共通の問題です。




----------------------------------------------
  1)大規模校は留学生に慣れている

  2)レベル分け、選択科目の多さがメリット

  3)「大規模校=授業が良い」は根拠が無い
----------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント