留学生寮の基礎を知ろう

 多くの留学生が生活の場とする留学生寮。
 いったいどんなところなんでしょうか?



 ●部屋のタイプ

 1人部屋、2人部屋、3人部屋、ルームシェアタイプ
 などが、一般的です。

 ルームシェアタイプっていうのは、
 例えば3DKの部屋に3人が住んで、
 キッチンやバストイレを共用するというものです。



 ●費用

 地方など安いところで、1人部屋が1日30元。
 大都市部になると80元から100元以上です。
 全国平均では50元です。
 2人部屋は、だいたい1人部屋の半額です。



 ●設備

 机、椅子、ベッド
 この3つはほぼすべての大学であります。

 テレビ、電話
 これもだいたい付いてます。

 バス・トイレ
 一部で共用の大学があります。
 各フロアに1ヶ所あって、みんなで使うという形です。

 バスタブ
 これがついている大学は少数派です。
 中国は湯船につかるという習慣がないですから。

 冷蔵庫、洗濯機
 ほとんどの大学で共用です。
 冷蔵庫が曲者なんですよ。
 他の人に勝手にジュース飲まれたり、ビールがなくなったり。
 小さい冷蔵庫は200元も出せば買えますので、
 買って自室に置くのもアリだと思います。

 キッチン
 これも共用のところが大半です。
 ガスではなく電磁調理器のところが増えてきました。
 安全上の問題ですね。
 散らかってすごい状態になってる大学もあります。



 ●冷房

 ほとんどの大学でエアコンがついています。
 ついてないのは
   黒龍江、吉林、内蒙古、新疆、雲南
 この5つの省・自治区です。

 なぜかというと、
   ◆夏の気温がそれほど上がらない
   ◆本当に暑いのは年間で数週間程度
   ◆しかもその時期は夏休み
 どこの大学の先生も、同じ理由を並べてくださります。

 そうはいっても30℃以上になる日もあるんですけどね。
 扇風機でも買ってください。



 ●暖房

 長江より北には「暖気」という暖房設備がついています。
 オイルヒーターのようなものでして、
 室温が20℃以上に保たれます。
 一般に11月中旬から3月中旬まで、
 黒龍江や吉林では10月中旬から4月中旬まで稼動します。

 長江より南にはついていません。
 なおかつ、中国にはストーブやファンヒーターといった
 石油暖房がない。
 頼れるのはエアコンだけです。
 これがちょっとつらいんですよね。

 じゃぁ、長江に面した都市はどうなのか?
 これはバラバラでして。
 南京はありませんが、武漢はあります。

 最悪なのが雲南省です。
 一年中温暖で「春城」と呼ばれる昆明でも、
 真冬には氷点下に下がる日もあります。
 エアコンもない。暖気はない。
 これはつらいものがあります。




---------------------------------------
  1)寮費は1人部屋で1日50元が平均

  2)設備は大学によって大きく異なる
---------------------------------------




*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************





この記事へのコメント