普通話を勉強するなら北京?

 「正しい標準語を勉強したいので、北京に留学する。」

 これ、よく聞く話です。
 はてさて、
 本当にそうなのでしょうか?



 中国の標準語は「普通話」と呼ばれます。
 これは1950年代に作られたものです。
 中国全土で共通とされる言葉を作ったわけで、
 いわば、人工言語です。



 この際、

 「発音は北京語を標準とする」
 と定められました。


 このため、

 「普通話の発音=北京語の発音」
 と理解する人が少なくありません。



 ですが、これは正しい解釈ではありません。

 実は標準とされたのは
 「北京官話」という政府役人が使う発音体系であって、
 一般の北京庶民が使う「北京語」ではないのです。




 北京語(正しくは、北京訛りの普通話)は
 巻き舌が強く、er化が顕著なのが特徴です。

 例えば、
 「今日」の意味の「今天(jintian)」は、
 北京語では「ジル」と発音します。

 「今天、明天、昨天」を連続すると、
 「ジル、ミル、ゾル」となります。笑



 本当に標準的な普通話が使われているのは、
 黒龍江省、吉林省の都市部のみと言われています。

 大連など遼寧省でも何らかの訛りがあります。




 いずれにしても、

 「キレイな普通話を学びたいから北京」

 というのは、
 ありえない選択方法です。



 もちろん、
 だからといって北京がダメ、という話ではありません。

 中国でもっとも大学が集中し、選択肢の幅が広い。
 交通の便が良い。
 発達した都市なので、日本人にも暮らしやすい、などなど。
 北京の良い点は多々あります。



------------------------------------------------------------
  1)北京の普通話も訛ってる

  2)標準語=北京語は間違い
------------------------------------------------------------



*******************************
  日本最大の中国留学専門サイト
  「中国留学情報」
  http://liuxue998.com
*******************************




この記事へのコメント